東証銘柄「全部」停止!一体何が起こった…?!

投資

どうもTidy Plus Investmentです。


Tidy Plus Investmentでは、投資に関連する記事や個別銘柄に対して株価の予想をしています。


なので今日も楽天の株価について今後を予想しようと思った矢先。


LINEニュースで「東証の株式全銘柄の売買停止」のニュースが流れてきました。


ちなみにAM7時あたりの事。

寝起きの青柳
寝起きの青柳

な、何が起こったんだ…まあいいや二度寝するか…いや起床するわ


こんな感じで飛び起きてしまいました。


ちなみにこの記事を書いている青柳の自己紹介をしておきます。

20代の大学生時代から独学で投資を始め、50万円程度の損失を出す。

仕方ないので投資の勉強をめっちゃして、返済。


今は金融資産もいっぱい。



どうやらシステム障害が原因だとの事です。


今回は東証が停止した原因について調べてみましたので解説します。

東証-全銘柄停止発表

まずはニュース内容を見てみましょう。


今回参考にした記事はこちら。

東証:現物売買を終日停止、過去最悪の障害-2日から取引再開へ
東京証券取引所は1日、相場情報の配信に障害が発生しているとして株式全銘柄の売買を終日停止した。同日夜には、2日の立会内取引および立会時間外のToSTNeT取引は通常通り行う予定と発表。市場再開に向けて問題なく対応を進めていると説明した。


要約すれば下記の通り。

株価の情報を配信するシステムのトラブルにより2020年10月1日は全銘柄の取引は停止


2020年10月1日の4時半頃に行われた東証の社長会見もYouTubeで視聴可能です。


気になる方はこちらからどうぞ。

【ノーカット】東京証券取引所が会見



こちらの会見を要約すると「今日はごめん。明日からは通常の株売買ができるようにします」との事。


もちろんこんなフランクな感じではなく陳謝していました。


ちなみにこんな感じで国内外の投資情報について知りたい方。


トレーダーズ・プレミアムは投資情報がかなり豊富なのでオススメ。


Yahooファイナンスでお馴染みですね。


ご興味がある方はリンクを貼っておきますので、ぜひ。

東証が停止した事は過去にもあるの?

東証が過去停止になった事があるかどうかを調べた所どうやらあるようです。


前回東証のシステムが停止したのが2012年の2月


今回と同じようなトラブルで、300銘柄以上が取引できなくなってしまったようです。


元々東証はネバーストップ(止めないぜ!)という合言葉で、東証のシステムを停止させず安定的に運用させようと試みていたので残念でしょうね。

もっと遡ると…

2005年にはシステムトラブルで3時間程度取引停止になりました。


まあシステム化されたの自体1999年の5月なので、そこからまだ6年だったので仕方ないのかなという印象もありました。


ですが今回は1999年から数十年経ってますから、今更何してるの?って想いが投資家にもあるかもしれません。

救いもあった

とりあえず良かった事として、今回東証が停止した原因はサイバー攻撃ではなかったと言う事


この事実は、青柳的にとてもほっとしました。


サイバー攻撃なんて受けるのだろうか…という疑問もありますがまあ可能性はあるのかな。

でも全国に波及してしまった

この東証のシステムは名古屋や福岡でも採用されています。


更に、北海道の取引証券所も同じシステムを採用しているのでこちらでも取引が中止となりました。

青柳
青柳

ちなみに日経平均株価の先物を扱っている大阪取引所では影響なしのようです

それではどこのシステムが壊れたの?

東証の会見では「マザーボードの中にあるファームウェアのプログラムに異常があった」との事。

青柳
青柳

全く分からんw


文系の私には宇宙語です。


ただ、その異常があった部分を取り外し供給元の富士通へ持っていきた解析を行っているみたい。


いまだ原因はわかっていないとの事。

富士通に責任は無いのか?

供給元が富士通だという事で、富士通に対する責任を問われた東証。


回答として「富士通は製品を納品したベンダーという位置づけ。責任自体は東証にある」とコメントを出してします。


つまり責任自体は東証にありと解釈して良さそう、


参考までに、現在の富士通の株価チャートを載せてきます。


分かりやすくする為2020年10月2日部分に棒線を引っ張っておきました。


ぶっちゃけ、東証のシステムがエラーになった後もそこまで富士通の株価に変化はありませんね。


ところで私はこのような図を利用して個別株の今後の予想を行っています。


もしよろしければ、ぜひこちらもチェックして下さいね٩( ‘ω’ )و

株価予想

このカテゴリーでは、Tidy Plusが選んだ株式に対して今投資をするべきか否かについてを様々な角度から分析していきます。

情報の発信が遅れた理由は?

また、情報の発信が遅れてしまった理由も東証は会見で述べていました。


理由としては原因究明に時間をかけすぎたとの事


まあこの意見に対して賛否両論はあると思いますが、今後はネバーストップでお願いしたい所ですね。

青柳
青柳

東証の合言葉ネバーストップとかけて上手い事を言っているつもりの青柳



午後から取引もできたのではないかという記者からの意見に対しては、安全性の観点を踏まえ10月1日の取引は全て中止となったようです。

注文の取り扱い・投資家への賠償について

注文の取り扱いに関しては「今日は売買がなされなかった」という事になるようです。


つまり明日からまた新しい注文として取り扱われるとの事。

また、投資家への賠償についてまずは原因の徹底と再発防止策を講じてからとの話。


こればかりは「はい、全額補償します」って言えませんよね笑


そんな事したら「今日投資をしていれば、10億円の利益が出ていた!」って言い張る方も出てきそうですし…。


ただこれ訴えられたらどうするんでしょうか?


逆日歩問題とかありそうです。

最後に

実はこの記事2020年12月8日に細かい点を修正しています。


とは言ってもプロフィール写真を増やしたりそれくらいですが(笑)


実は10月1日にこの記事を書いていた時こんな書き方をしていました。

2020年10月1日

多くの方が「富士通」の株価に注目していますが、私的には日本証券所グループの方が注目。

明日の株価どうなるんだろう。


そして、2020年12月8日の日本取引所グループのチャートを見ると下記の通り。



私の嫌な予感は当たってしまい、株価は2020年10月2日以降下落の一途を辿っています。


もう二度とストップさせない、ネバーストップで頑張って欲しい所ですね。


今回は、以上です。


注意書き

本サイトは、投資一般に関する情報の提供を目的としたものです。
本サイトで提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、Tidy Plusは一切責任を負いません。最終的な投資の意志決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。なお、予告なしに内容が変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。また、本サイトがリンクしているサイトの内容につきましては、当社が一切の責任を負うものではありません。

コメント