エミネム先輩って多分、もう音楽を超越しているんだと思った訳

青柳's Voice

僕はエミネムが好きだ。


だからといって僕が金色のゴツい時計をつけている訳でもなければ、柑橘系の香水をプシュっとしているわけでもないし、肌が浅黒くて「夏はサーファーだけど?」って語尾を上げながら喋る訳でもない。(他意はないです)


車に「DAD」のステッカーを貼っているわけでもないし、そもそも東京住まいで車がない。東京で車買えるのってリッチマンとリッチウーマンだと勝手に思ってるし、後はトップYoutuberのイケイケな若手とかだろう。


多分車を買う人の苗字も「勅使河原」とか「春雨」とか、最終的には「二階堂」とかいうすごい苗字の方ばかりだと思う。知らんけど。


GTOに勅使河原先生っていなかったっけ?

多分、外見からはエミネム好きには見えない

僕は多分地味なアラサーの部類に入ると思う。


髪をキンパ!ツにした事もなければ、例えば僕を創造した神様が僕を見ているのであれば…

神

あいつ誰?ww俺あんなやつ創造したっけ?ねえ、聞いてる?


的な感じになるだろうし、モブのような姿形だと思う。


後、僕は一応台湾の大学に留学をしていたので海外の曲=台湾の歌だったし台湾のモンスターバンド「五月天」もめっちゃくちゃ好き。


どれくらい好きかというと、五月天のオススメ曲をまとめた、ただそれだけの記事を出してしまった事もあるのです。



でも、エミネムもかなり好きだったし、何なら2021年になっても好き。

  • 台湾留学中、絶対俺留年するだろって時(結局しなかったけど)
  • 台湾留学中太った時
  • 日本人男子なのに台湾女子にモテねえじゃねえかという華麗なる勘違いをしていた時


僕の側にいたのはエミネム先輩だった。


ぶっちゃけエミネムの歌を聞いても何を言っているのかいまだに全く分からないし、分かったとしてもスラングだらけでよく分からないと思う。


試しに、僕史上全く何を言っているのか分からなかったエミネムの歌「Rap God」の一部分を抜粋してみた。


でも、コンピューターのように正確にラップするのは俺の遺伝子に組み込まれている。後ろのポケットにはパソコンを入れてるよ。


ハーフコックの状態だとペンは動かない。ラップをする事の利益だ


「何だよハーフコックって。エースコックか。え、ラップをする事の利益?」とも思ったけど、多分意味はあるのだと思う。


エミネムのガチなファン(エミガチ)などであれば解説できるだろうけど、僕には全く分からない。


でも、エミネムが好き。


多分、耳が心地いいんだと思う。韻をこれでもかっ!ってくらいに踏んでいて、聞いてても飽きないし「Sh×t!」とか「何とかファ○ク」って言ってても、僕は「ふんふん〜♪Yeah!」とか一人で頭をブンブンしながら聞いているし、不快な気持ちにはならないのだと思ってる。





後、そもそもこの人イケボだだし。






後、題名にも書いてるんですけど、もうエミネムが発する言葉自体が音楽に組み込まれて、音楽を超越したのでは、と。


それを僕は聞いているんじゃあないかと思う。それで、そんなエミネムさんの歌を今回は紹介したいなあって思うのです。




というわけで、早速初めて行こうといます。(僕は話題転換がヘタクソだと思う)

今回紹介する歌は「エミネムってよく知らんけどラップでしょ?」とか「エミネムの歌って何から聞けばいいんすかね?」的な疑問を持っている人が「とりあえずこれは聞いておけば」って僕が友達にオススメする感じで5つだけ紹介したい。



間違っても「あ、自分エミネム歴10年です」みたいな方が読んでしまうと「あ〜こいつまじで分かっとらんわあああああ」と怒り、てか何でこいつのドメイン名「https://mochio-of-diet.com」何だよ、何だよ『MOCHIO」って何だよ「DIET」などと思ってしまうかもしれないので、注意して欲しい。


※他のサイトは全く参考にしておらず、僕がただただ良いなと思った歌をランキング形式にしています。

1位:Not Afraid


とっても勇気づけられる曲。


それなりに汚いワード(嫉妬!とかファナック!とか、母親ファナック!)とかが入っているけど、リズムが良いし最後までストレスゼロで聞けた一曲。


どんぐらい勇気付けられる曲かっていうとYouTubeのコメントで「この曲を聴いてから転職の面接に行った」だの「エミネムのおかげでピーマン食べられるようになった」とか勇気づけられたコメントが沢山あります。


(ピーマン…?)


僕が初めて聴いたエミネムの歌も、Not Afraid。


ちなみに日本のYouTuber界の神的存在のヒカキン先輩もNot Afraidのビートボックスをやってみました。

2位:Rap God


先ほど文の冒頭でチラッと触れましたが、エミネムのRap God。


ただただ、エミネムのラップが「やべええな…」と思わせてくれる一曲。


まあそれ以外にも「実はこんなところで韻を踏んでて、ここがすごいんだから!」って言う方もいると思いますが、今回はちょっとそういうのではないので割愛。


特に「エミネム先輩すごい…」って思うのが4:25あたりなので、そこだけでも聴いてほちぃ。


さっきから「やべえ」とか「すげえ」とかしか言っていないのですが、まあとにかくよく喋るってか歌ってるってかラップしてるってか。


この歌は6分4秒で、その中で1,560単語が登場しているっつう事でギネス世界記録にもなっています。この記事が参考になるです。

http://bmr.jp/news/115542

3位:Without Me


とにかくPVが面白かったっす。


この歌自体YouTubeに公開されたのが2009年でかなり古いし、若いエミネムのイケイケな歌詞も特徴的。まあ大体イケイケなんだけども。


特に好きな歌詞がここ。

So the FCC won’t let me be

Or let me be me, so let me see

They try to shut me down on MTV

But it feels so empty without me


ただただエミネムが不平不満を言っている歌詞なのですが、とにかくこの部分聞いてて気持ちいい。韻についてもう全く分からないのですが、とにかく韻&韻って感じで耳が心地よい。


ASMRにエミネムも入れて欲しい。


僕が人生でほとんど言わないであろう「Yeah!(いえあ!)」とか「Ho!(ふぅ!)」などのワードを、僕の右脳から引っ張り出される感じがする。

4位:Beautiful


この歌で、エミネム歌うんですよ。


先ほど紹介した「いやーラップですねーーーこりゃ!!」と音楽関係者の方が思わず言ってしまうほどにラップラップした曲と違い、歌うんです。


エミネミが歌うんです。


いや、まあラップだって大きく見れば歌ですけど。


当時この歌を初めて聞いた時は「あれ、何で歌っとんのやエミネム」と思い色々調べてたら、エミネムがドラッグと格闘してどん底状態だった時に書いた曲なんですって。








まあ、だから何で歌ってるの?って言われても「いや、だからエミネムがドラッグとか…(以下省略)」と説明するしかないのですが、とてもいい”歌”だと思います。


何と言うか、せつねーの。


例えば、ドラえもんのジャイアンとかも漫画だと「ぶっ殺すぞのび太」とか「おい待てのび太」「黙れスネ夫」とか言っているのに映画だと「と…友達大事」とか言うじゃないですか。


それそれ。


なんすかね、まあガチガチに不良でちょい悪オヤジが実はモルカーが好きで、モルモットを飼ってて名前を「モル吉」とかにしてる感じ?


ギャップが良いんだと思っている。


ただ、多分当時のエミネムに「ギャップがいいんですよね」と言っても「いや、俺それどころじゃねーよ」って言われるとは思います。

5位:Lose Yourself



いや、分かる…「え、ここでLose Yourselfかよ、馬鹿か青柳」って思うかもしれませんが、僕的には5位。


いや、いい歌だし空耳で「ウンコマン」って聞こえるあたりも知ってるんだけど、5位。


エミネムの自伝映画の8マイルでも使われている曲だし、知っている方も多いのではないでしょうか?


この曲の何がすごいってめっちゃ前の曲なのに、今でもYouTubeのコメントで「まだお前ら聞いてる?」的なコメントが1日前とかについてるし、そのコメントにいいねばちくそついてるし。


ちなみにその「いいね!」の数だけで、僕が書いた「コクーンという布団について調べてみた!【冬に最適な繭っぽい布団】」って言うなんか布団について紹介している記事のアクセス数よりも上だし、ちっきしょう。

まとめえみねむ

今回はエミネムについてまとめた雑記でした。


最近、Tidy Plusの本業「投資」「ダイエット」「台湾」のカテゴリーをサボったリングしてるからなあ…雑記書いてる場合なのかなあ…


ま、とにかく。


エミネム良いよ!最高よ!!!


おわりー!

コメント