【感想】コナン映画「緋色の弾丸」を観た感想!思った事を書くぜ….

青柳's Voice

どうも、管理人の青柳です。

本記事は、緋色の弾丸のネタバレが書かれています。ご注意ください。


先日、名探偵コナン映画の最新作「緋色の弾丸」を観てきました。

劇場版『名探偵コナン 緋色の弾丸』
引き裂かれた運命— いま〈世界〉が動き出す!劇場版第24弾『名探偵コナン 緋色の弾丸』大ヒット上映中!



”緋色の弾丸”を観た感想。
結論から言うと「面白かったけど、いまひとつ!!!」でした。


すいません。あくまで個人的な意見なので「いやいやいや超絶面白かったわ」って方もいると思います。


しかし、コナンの前作映画「名探偵コナン ゼロの執行人」「名探偵コナン 紺青の拳」と比べると、やや見劣りしたって言うのが正直な感想です。(繰り返し、すいません)


が、決して「つまらなかった」訳ではありません。物足りなさを感じてしまったのです、私は。


と言うも、私は「緋色の不在証明」も映画館に行って観ていました。


また、コロナで映画の公開が延期した事もあり、期待度が勝手にめちゃくちゃ上がっていたんですよね。自分が勝手に上げた期待度を、超えなかったことが原因かなあと思っています


下記は私(♂・アラサー)のスペック。

  • 赤井ファミリーの事は”緋色の不在証明”で勉強した
  • コナン映画はほぼ観ている
  • コナンくんが行くところは大体事件が起きる
  • ガチガチのコナンファン、と言う訳ではない

となります。


さて、そんな私が緋色の弾丸を観た感想をお伝えします。

「緋色の弾丸」を観るべき人は?

結論から。

  • 赤井秀一ファン(イケボが炸裂)
  • 灰原哀ファン(本作で一番活躍している(と思う)&可愛いシーンが多い)
  • 世良真純ファン(僕っ子&八重歯キャラ)

と言う方は「緋色の弾丸」はおすすめ。


赤井さんのイケボが炸裂します。が、赤井さんが飛んだり跳ねたり活躍するシーンは少なく、ずっと画面に出ずっぱりって訳ではありません。赤井ファンは、もしかするとがっかりするかもしれません。


むしろ、灰原哀&世良真純が活躍するシーンが多かったです。


少年探偵団のげんた君もちょっと活躍します。


繰り返しになりますが、全体的に観ると、前作が良作だっただけに、今回の映画で物足りなさを感じるかもです。


物足りなさを感じた理由は下記の通り。

理由:建物などがそこまで破壊されない。今回の作品は、愛知県名古屋市の街並みが多く登場します。


しかし本作では、名古屋城は破壊しないし、栄も破壊しない。オアシス21も破壊しません。そうです、名古屋がほぼ無傷なんです!


コナン映画のロケ地になる=その土地のモニュメントはぶっ壊されるというイメージがついている私は、物足りなさを感じました。


愛知県に住んでいた事がある私は「もっといろいろ壊してくれないかな〜」と不謹慎なことを思っていました。


シンガポールがテーマだった「紺青の拳」では、高級ホテルはぶっ壊すわでやりたい放題でしたからね…。建物をぶっ壊していくシーンは極端に少なかったイメージ。


また、事件があっさり解決し過ぎて、コナン君が推理をするシーンは、ぶっちゃけ見応えがほぼない。小五郎のおじさんは活躍しません。蘭ネーチャンは今回全く危険にさらされませんし、蘭ネーチャンの空手が炸裂する事はありません。


ぬるっと映画が終わっていきました。


※注意:安室さんは本作には登場しません。


しかし今回の作品では、リニア(電車)がばっこーーんって飛んでいく程度です。逆に言えば、それ以外建物を壊すシーンは少なかったです(病院が半壊する程度のシーンはありました)


なので、緋色の弾丸を観る予定の方は、過度な期待を持たない方が良いのかなと個人的には思います。


ちなみにTwitterで緋色の弾丸の感想を呟いていた方を少し紹介します。

事件があっさり解決する

劇場版『名探偵コナン 緋色の弾丸』新予告【2021年4月16日(金)公開】


上記Twitterでもあるように、事件がサクッと解決します。コナン君もちょろっと推理をしますが、「推理」というより物理的に犯人を見つけたって感じです。


犯人が分かった時も「はいはいこの二人ね」と驚きもほぼありませんでした。


ただ、最後に犯人を追い詰めるカーチェイスがあります。その際、赤井さん&羽田秀吉(将棋の人)と愉快なFBIの仲間たちが一緒に犯人を追い詰める所は面白かったです。


羽田秀吉が後半、ちょろっとかっこいいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?


決して「つまらない」映画ではありません。赤井ファン・灰原ファンの方は観にいくべきだと思います。声優も豪華ですからね。


ぜひ、参考にしていただければ幸いです。


最後までご覧いただき、誠にありがとうございました!

コメント