ダイエット成功後…急にやってくるリバウンド!なぜまた太ったぁ…。

ダイエット

Tidy Plus Dietです。


ダイエットを頑張ったのに…なぜか体重が戻ってきている」と言う悩みを持つ方は多くいます。あなたも、そんな悩みを持ってこの記事を読みにくれたのかもしれません。


また「体重が戻るだけならまだしも、ダイエット前よりも体重が増えてしまった!」と言う方もおり、ダイエットのリバウンドは、ダイエッターにとって最悪な出来事の一つでしょう。


そこで今回は「ダイエットを成功させた後突然やってくるリバウンドはなぜ起きるのか?」について解説します。

そもそもリバウンドとは…?

  • リバウンド…ダイエットをして痩せた後、やめた途端に体重が徐々に戻る事

強いて言えば、ダイエット前の体重よりも太ってしまう事。好きな食べ物も我慢して、したくもない運動をしてせっかく痩せたのに…リバウンドをしてしまったと言う方も多いです。


ある調査ではダイエットをした方の60%はリバウンドを経験した事があるとの事。(参考:ダイエット後のリバウンド経験者は約6割 ‐ 「食事管理」が原因?


そう考えると、リバウンドって結構身近に存在するんですね…。

リバウンドはなぜ起きるのか?

  • ホメオスタシスの影響
  • 飢餓状態
  • レプチンの減少
  • 燃え尽き症候群

大きく分けて上記4つの事が起きる事で、ダイエット後リバウンドをする可能性が高まります。

ホメオスタシスの影響

  • ホメオスタシス:生体を一定に保とうとする機能

最も分かりやすい例は、人間の体温。人間の体温は35度〜36度が一般的です。もし極寒の地に行っても、急に人間の体温が5度まで下がるなんて事はありません。これがホメオスタシスの機能。


ケガをすれば治りますし、風邪を引けば治ります。つまり人間の身体に変化があった時、生体を一定に保とうとする機能です。



ダイエットのリバウンドもホメオスタシスの影響があると言われます。ダイエットをすると、体重が減っていきますよね。

ダイエットをする⇨体重が減少する→体が変化を認識する→生体を一定に保とうする→リバウンドが起きる


と言う事です。ホメオスタシスの機能が働く事で、リバウンドをすると言われます。

飢餓状態

  • 身体が飢餓状態だと判断する

急激な体重減少をすると、身体が飢餓状態になると言われます。身体が「エネルギーが体内に入ってこない!節約しよう!」と判断して、エネルギーを節約しようとします。


すると何が起きるか?


基礎代謝が低くなってしまいます。つまり痩せにくい身体となってしまいます。結果としてリバウンドをしてしまう可能性がある、という事。


過度な食事制限が、かえってリバウンドを招いてしまう可能性があるという事です。

レプチンの量が減少

満腹を感じた時って、レプチンというホルモンが増加した時。言い換えれば、食欲を抑えてくれるのがレプチン。食事をとる事でレプチンの量は増えます。


しかし過度な食事制限を行うとレプチンの量は減っていきます。食事をとらないからです。結果、満腹感を感じづらくなります。

レプチンの量が減る→満腹感を感じ辛くなる→ついつい食べすぎる→リバウンドする可能性が高まる


という事です。

燃え尽き症候群

  • 達成して、燃え尽きてしまう

結婚式や講演会など、できる限り見た目を良くする為にダイエットを行い成功。しかし行事が終わった後、燃え尽きてしまう事です。


大切な行事も終わりダイエットをやめてしまった後。リバウンドをする可能性が高くなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?


今回は「ダイエット成功後にやってくるリバウンド」がなぜ起きるのか、その原因について書きました。どの原因も、基本的には過度な食事制限が関わっている事がわかると思います。


たまにの断食は身体に良いと言われることも増えてきましたが、過度な食事制限はどうやらやらない方が良さそうです。


あなたはどうでしょうか?ぜひ、この記事を参考にこれからのダイエットに生かしてくださいね!最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント