【実体験】ダイエットのNG行為を元100Kg経験者の私が紹介します

ダイエット

Tidy Plusの青柳です。
大学生時代に100Kgまで太り、30Kgのダイエットに成功した人でもあります。


この経験から、ダイエットに関連する記事を多く書いています。他のダイエット記事はこちらからどうぞ。


今回はダイエットをしている時のNG行為を紹介します。


私自身ダイエット中に避けていたことなので、参考になると思います。


始めていきましょう。

極端な断食

極端な断食をすると、逆に体重が増える可能性があります。


私自身ダイエット中、何度も断食を試みました。


が、結果は失敗。
逆に太ってしまいました。


理由は簡単で、徐々に空腹に耐えられなくなるからです

空腹が限界まで達すると、暴飲暴食をする可能性があります。空腹のストレスから、逆に食べすぎてしまうからです。


もちろん鋼のような意思をもっていれば、極端な断食をしても成功する可能性はあります。が、ストレスも溜まりやいのでリバウンドの可能性も上がります。


その為、極端な断食はダイエットではNG行為です。

高過ぎる目標を立てる


例えば「1ヶ月後に30Kg痩せるぞ!」など、高過ぎる目標を立てるのはNG。


もちろん、ダイエットをする際に目標を立てる事自体は大切です。


しかし、高過ぎる目標を立てるとゴールが見えなくなります。ゴールが見えないとモチベーションも下がります。

例えば山の頂上に向かって歩く場合。頂上が見えていれば、後どれくらい頑張れば到達するかわかります。


しかし、頂上が見えなければ後どれくらい頑張れば良いのか分かりませんよね。頑張りが一体どの程度必要なのかが分からないと、モチベーションは下がります。


ダイエットでも同じ事です。


その為、ダイエット目標を決めるのであればスモールゴールを作ることをオススメします。

悪い例:1ヶ月後に30Kg痩せる!

良い例:1週間後に1Kg痩せる!


もっと小さいゴールでもOK。
例えば、腹筋を1回するでもOKです。


小さい目標を立て成功体験を繰り返し、モチベーションを上げていきましょう😆


結果、大きな目標である「ダイエットの成功」にもつながるはずです。

【参考本】

ファーストフードを食べる

ダイエット中にマックなどのファーストフードはNGです。


こちらの理由も簡単で、カロリーが高過ぎるからです。例えばマクドナルドのビックマックセットのカロリーは下記の通り。

①ビックマック:525Kcal

②ポテト(L) :517Kcal

③コーラ(L) :181Kcal

参考サイト:マクドナルド 栄養成分一覧表


合計で1,223Kcalです。


農林水産省が発表している記事を見ると、下記の通り書いてあります。

一日に必要なエネルギー量から、5つの料理グループ(主食、副菜、主菜、牛乳・乳製品、果物)ごとに、一日に「どれだけ」食べたらよいかの量「つ(SV)」の数が決まります。活動量の少ない成人女性の場合は、1400~2000kcal、男性は2200±200kcal程度が目安です。

農林水産省


誤差はあると思いますが、男性なら2,200Kcal、女性なら2,000Kcalが目安です。


ビックマックのセットを食べるだけで、1日に必要なカロリーの2分の1を摂取することになります。


マクドナルドなどのファーストフードは確かに美味しいです。
しかし、カロリーが高すぎます。


なので、ダイエット中はカロリーが高いファーストフードを食べるのはNGです。

青柳
青柳

また、ビックマックの総カロリー1,223Kcalを運動で消費する為には、ランニングを最低でも120分行う必要があります(体重70Kgで計算)


辛すぎませんか?


15分くらいで食べられるビックマックセットですが、消費するのは大変だということも覚えておきましょう。


参考サイト:Ke!san

炭酸飲料を飲む


炭酸飲料に使われている砂糖の量が多過ぎる為、ダイエットには不向きです。代表的な炭酸飲料にどの程度砂糖が使われているかを表にしました。

コカ・コーラ56.5g(14個〜17個)
ファンタグレープ57.5g(15個〜17個)
CCレモン56.5g(12.8個〜17個)
午後の紅茶(ミルクティー)37.5g(9.8個〜11個)
カルピス55.5g(14.3個〜16個)
()内は角砂糖の量を示しています


では、1日の砂糖摂取量の目安をWHOのガイドラインから紹介します。

WHOは1日の砂糖摂取量の目安を、1日に摂取する総エネルギーの5%未満に抑えるべきというガイドラインを発表。これは砂糖25gに相当し、スティックシュガーで換算すると8本分となります。


つまり、コカコーラ を一本飲むだけで、1日の砂糖の摂取量を大幅に超えることとなります。


なので、ダイエット中は炭酸飲料はNGということになります。


【関連記事】



逆に、炭酸水であればカロリーは基本ゼロカロリーなのでOKです。最近は便利な時代になったもので、自宅で炭酸水を作れるe-sodaという商品もあります。


e-sodaの紹介記事も載せておきますので、ご興味がある方は下記からどうぞ。


炭酸水はお腹も膨れるので、ダイエットにはもってこいです。

体重計に毎日乗らない


ダイエット中は、体重計に毎日乗りましょう。


確かに、体重だけがダイエットの全てではありません。が、自分の立ち位置を知ることは大事です。


また、体重計に毎日乗ることでメリットもあります。
それがダイエットを意識できるって事です


体重計に毎日乗るだけでも、体重が増えたことが分かれば、カロリーの摂取にも気を使うようになるからです。


ダイエット中でまだ体重計を持っていない方は、Amazonでポチりましょう。


また、毎日の体重を記録してモチベーションアップにつなげましょう😆

ダイエットアプリ「あすけん 」カロリー計算・食事記録・体重管理でダイエット - Google Play のアプリ
食事写真を画像解析して簡単に食事管理・栄養管理・レコーディングダイエットができるダイエットサポートアプリです!

食事を周りと合わせる


ダイエット中、周りと食事を合わせるのはもうやめましょう。


よく「太っている人と一緒にいると太る」なんて言われたりします。ひどい話ですが、元100Kg経験者の私からすれば「確かにそうかも…」って思います。


理由は簡単で太っている人と合わせて一緒になって食べてしまうからです。

人間の意思はそもそも弱いです。隣で美味しそうにケンタッキーを食べていたら「良いなあ美味しそうだな」「私も食べようかな…」と意思が揺らぎませんか?


しかしそれではダイエットに成功しません。
なので、ダイエット中は食事を人と合わせないようにしましょう。


人と合わせないようにするコツは「環境を変える」もしくは「毎日の食事メニューをあらかじめ決める」のどちらかです。


私自身、30Kgのダイエットに成功したのは一人暮らしを始めてからです。また、毎日の食事メニューをあらかじめ決めたいなら、宅食が一番オススメです。

例えば有名な宅食サービス「NOSH – ナッシュ」なら、全ての食事が低糖質・低糖分。


私も以前注文していましたが、美味しかったです👍


また、宅食があると余計な食べ物を買うことも抑えられ、無駄な出費も抑えられるでしょう。

運動をしない


ダイエットをするなら、運動はしましょう😑


確かに「摂取カロリー<消費カロリー」を意識すれば、運動は必要ないという説もあります。


しかし、ここで私が言いたいのは、カロリーを消費するためではなくストレスを解消する為に運動をオススメしたいのです。


人間は、少なからず毎日ストレスを受けています。どこかでストレスが爆発して、暴飲暴食をしない為に必要なのが運動。

運動はストレス解消にもなり、精神的な負担を改善する効果があると言われています。運動をする事で、脳の血流が良くなり、セロトニンという物質が脳内で増えます。セロトニンは、気分・集中力を左右すると言われる物質。セロトニンが増える事で、心が落ち着きやすくなると言われます。

https://www.bodies.jp/column/health/9553/#:~:text=%E9%81%8B%E5%8B%95%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8A%E8%84%B3%E3%81%AE%E8%A1%80,%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%81%A8%E3%81%84%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82


今まで太っていた人が「食事制限」をすることは、ストレスにもつながるでしょう。


そのストレスを解消する為に、運動はダイエットに必要なことです👍


【参考記事】

運動のストレス解消効果・幸せホルモンはスイーツよりも効果的! | ダイエットなら女性専用フィットネスジム・スポーツクラブのBodies
皆さんは何のために運動していますか?ダイエットのため、健康維持のため、カラダを動かすことが好きだから・・・様々 …

まとめ


ということで、今回はこの辺にします。


今回紹介した7つのダイエット中のNG行為は、私が30Kgのダイエットをしているとき実践したことです。参考になれば幸いです。


最後にもう一つだけ、どうしても意思が弱くてダイエットができないという方は、環境を変えて強制的にダイエットをしましょう。


お金はかかりますが、パーソナルジムで専門的なアドバイスを受けつつ痩せるのも一つの方法です。


有名どころだと【RIZAP】ですね。


痩せるだけで人生が一変する方もいます。


もちろんダイエットのしすぎは絶対NGですが、適度なダイエットは大事です。あなたの平均体重をチェックするには「Ke!san」からどうぞ😶


あなたがダイエットに成功することを祈っております👍


というわけで、今回は以上です。最後までご覧いただき、誠にありがとうございました!

コメント