チートデイダイエットとは?食べてダイエットする、チート(ずるい)な方法

ダイエット
悩んでいる人
悩んでいる人

ダイエットをしているけど停滞期に入って痩せない


と疑問を抱えている方に向けての解説記事となっています。


なぜなら今回紹介する「チートデイ」をダイエットに上手く取り入れる事で、ダイエット停滞期から抜け出せるかもしれないからです。


記事の前半では「ダイエットの停滞期」について説明しつつ、チートデイの説明をします。記事の後半ではチートデイのメリット・デメリットを説明した後チートデイを行う頻度について紹介します。


この記事を読み、実際にチートデイを実践してみる事で、ダイエットの停滞期を乗り越える事ができるかもしれませんよ。

ダイエットの停滞期とは

  • ダイエットをしていて、急に体重が減らなくなる事

※チートデイについて知りたい方は”チートデイダイエットで解決するかも”から読み進める事をオススメします。


ダイエットをしていて「あれ、体重が急に落ちなくなった…」って感じている方、それはダイエットの停滞期かもしれません。


最初の内はすんなり体重が減って「あれ?ダイエットって楽勝じゃね?」って思っていた矢先に訪れるのがダイエットの停滞期。

なぜ停滞期は訪れるのか…

  • 結論:ダイエットをしているからです。



ダイエット中にカロリー制限などを行っていると、身体が「飢餓状態」だと勝手に判断してしまい、エネルギーの消費を勝手に抑えてしまうからです。

結果、エネルギーの消費を抑えてしまうので体重が減らないというダイエットの停滞期が起きてしまうという事です。

青柳
青柳

人間の身体の仕組み上、仕方ない事ですがダイエットをしている時にはお節介いな機能ですよね…

チートデイダイエットで解決するかも

そんなダイエットの停滞期もチートデイダイエットで解決するかもしれません。


繰り返しになりますが、体重の停滞期とは「エネルギー不足だと身体が勝手に判断する」事が原因です。


難しい言葉だと「ホメオスタシス効果」って言います。


それなら逆に、意図的に摂取カロリーを増やす日(=チートデイ)を作ってしまうおう!という考え方がチートデイダイエットです。

チートデイの仕組み

チートデイでは、普段ダイエットをしていてエネルギーが足りていない身体にあえて摂取カロリーを増やす日を作る事です。

  • 結果:身体が「飢餓状態ではない」って判断する

意図的にチートデイを作り、自分の身体に対して飢餓状態ではない事を伝える事で身体がエネルギーをセーブしなくなるという仕組みです。

あなたは停滞期ですか?

今この記事を読んでいて、体重が停滞している方は一度ダイエットの世界から離れて自分が停滞期かどうか考えてみましょう。


もし自分が「停滞期かも?」って思う方はこの先も読んでくださいね。

チートデイのメリット

※チートデイのやり方について知りたい方は”チートデイのやり方”から読み進めて下さい。


チートデイをダイエットに取り入れるメリットとしては、下記の3つが代表的。

  • 基礎代謝アップ
  • 栄養状態を整える
  • ストレスの軽減

それではこの3つについてもう少し掘り下げていきましょう。

基礎代謝アップ

まず、チートデイを作る事で身体に「私は飢餓状態じゃない」と伝える事ができます。


序文でもお伝えした通り、ダイエット中に食事制限をしていると身体が消費するカロリーを意図的に減らしてしまいます


つまり基礎代謝も下がってしまう可能性が高いのです。


それならば、意図的にカロリーを自分の身体に摂取すれば消費するカロリーも減らない可能性が高くなります。


ダイエットをするなら効率的に痩せたいですし、できれば楽に痩せたいですよね。


基礎代謝を上げる事は効率的にダイエットをする為には必須です。

栄養状態を整える

二つ目は栄養状態を整えることです。

ダイエット中は食事制限をしているので、必要な栄養素までも足りないという事態が起きている場合が多いです。


必要な栄養素を補う為にもチートデイで栄養補給をするイメージです。チートデイはダイエットを行う為という機能と、栄養を補給してダイエットを安全に行うというメリットもあります。

基本的には好きなものを食べても良いと提唱する人も多いですし、はたまた炭水化物を多くとることを勧めるという人もいます。


しかし、もし健康に気を遣うのであればダイエット中に不足しがちな炭水化物を積極的に補給することで栄養バランスはとりやすくなります


もちろん筋肉を構成するために必要なたんぱく質も忘れずに摂取したりと、栄養状態を整えるためには献立をバランスよく考えてみるのも良いかもしれません。

ストレスの軽減

最後に、三つめのメリットとしてはストレスの軽減です。

大抵の人がダイエット中は目標達成のために食べたいものを我慢していると思います。

その結果体重が減る訳ですが、欲求を我慢するということは当然ストレスが溜まります。

昨日はあんなに我慢したのに今日は全然減ってない、そんな日にはついついドカ食いをしてリバウンドなんてこともあるかもしれません。

ストレスによるリバウンドや心の健康を保つためにもチートデイを上手く取り入れてダイエットを成功させましょう。

チートデイのやり方

チートデイは、体重が減らない時(停滞期)に行うのが基本。

チートデイの頻度について

女性がチートデイを設ける頻度は下記の通り。

女性
  • 30〜35%未満:2週間に1回程度
  • 25〜30%未満:10日に1回
  • 20〜25%未満:1週間に1回
  • 20%未満:4日に1回


これはあくまで目安程度なので、参考程度に見て下さい。


一般的に健康とされる体脂肪率は…

  • 女性が20〜29%
  • 男性が10〜19%

とされています。

ストレスを溜めない

チートデイの頻度は先ほど例にあげた通り。


ですが、一概に先ほどあげたチートデイの頻度が全てだという事ではありません。停滞期でなくても、1週間に一度位自分の好きな食べ物を食べたいって方もいると思います。


そのような方は、1週間に1回チートデイを作っても良いと思います。

ダイエットをしている方は、ダイエット以外にも仕事・学校・家事など生活をしていますよね。ダイエットが原因でストレスを抱えるのはあまり良い事ではないからです。

チートデイのデメリット

「悩んでいる女性」の写真[モデル:Lala]

チートデイのデメリットとしては、むくみ。


チートデイを行うという事は、翌日ほとんどの場合体重が増加している事が多いです。


翌日体重を見て「ヤバイ…」ってなるかもしれませんが、昨日の食べ物がすぐに脂肪へと変わっているからではなく、基本は体内の水分量が増えているから体重が増えているだけです。


ただ、デートの前などはチートデイを行うのはやめておいた方が良いでしょう。

チートデイを楽しめない

チートデイのデメリットとして、チートデイを楽しむ事ができないというデメリットがあります。


どういうことかというと、今までダイエットを頑張ってきて「こんなに食べて良いのか…」って思ってしまうからです。


基本、チートデイの時に食べて良いよってカロリーは下記の通り。

  • 体重×40〜45カロリー
  • 減量期の摂取カロリー/1日+2,500カロリー
  • 減量期の摂取カロリー×2倍

つまり、体重が60kgの方は60×(40〜45カロリー)=2,400〜2,700カロリーの摂取が目安。


2,700カロリーの目安としてはデリバリーのピザMサイズを二枚程度ですね。

チートデイとハイカーボデイの違い

最近、チートデイと似ているハイカーボデイというダイエット方法もあります。

  • ハイカーボデイ:炭水化物のみを食べる事

チートデイでは、どの食べ物をたべてもOKですが、ハイカーボデイの場合は炭水化物のみを食べる日を作る事です。


ハイカーボデイの場合は、脂質を摂取しないので一時的に体重が増えても減る可能性が高いのでチートデイの代わりとして注目されています。


ただ、身体に取り入れる事ができる栄養が「炭水化物」だけなので身体が重くなる感覚があるの点がデメリットですね。

まとめ

ダイエット中に、あえてどか食いをするという常識外れなダイエット方法ですが結構理に叶っています。


最後にハイカーボデイについてもちらっと触れましたが、炭水化物だけを食べても身体に支障がない(気持ち悪くならないなど)がなければハイカーボデイも良いかもしれません。


ただ、メンタル的にはチートデイの方が取り入れやすいので最初はチートデイから始めるのがオススメかも。


今、ダイエットをしていて体重が停滞している方はチートデイを試してみてはいかがでしょうか?


今回は、以上です!

コメント