赤字縮小!さて、西日本旅客鉄道(JR西日本)の株の買い時はいつ?

投資

気になる銘柄を分析するコーナー。
今回は「西日本旅客鉄道」です。


西日本旅客鉄道の株価を見ると、2014年の株価は「3,500円」。
その後、2019年には「9,600円」まで上昇しています。


2014年に100株保有して5年間保有していれば、この一銘柄だけで61万円の利益が出ています。ドカッとお金が入ってきますね。


計算:96万円 ー 35万円 = 61万円(税金は除く)


配当金も100円を超えているので(2020年は182.5円)配当金を合わせると、少なくとも66万円の利益となります。


ちなみに東京にある高級ホテル「帝国ホテル」一泊が4万円くらいなので…66万円あったら、16日くらい連泊できます(66万÷4万=16.5日)。帝国ホテルに2週間泊まれるってすごいですよね(笑)

帝国ホテル


しかし、買い時を間違えると帝国ホテルには泊まれません。
それどころか損失が出るかもしれません。


そこで今回は、西日本旅客鉄道の「買い時」はいつか?
また、今後の株価はどうなるのかを分析しました。


西日本旅客鉄道は、西日本を中心とした旅客鉄道等を運営する「鉄道事業者」。”JR西日本”という名称の方が聴き馴染みがあるかもしれません。


2021年11月2日に中間決算を発表しています。赤字縮小しています。良いですね。

JR西日本が中間決算発表 乗客数の回復傾向で赤字額が大幅減少(ABCニュース) - Yahoo!ニュース
 JR西日本が中間決算を発表しました。  2年連続の赤字ですが、新型コロナの影響から改善の兆しも見られます。  JR西日本の4月から9月の売上高は連結で4368億円で、去年の4023億円から8.



ちなみに西日本旅客鉄道(JR西日本)の銘柄コードは9021です。


さて、この記事をまとめると下記の通り。

  • 「運輸業」の売上が全体の50%〜60%。営業利益は全体の69%程度を占める
  • 10月〜11月に発表される決算後は、トレンドが続くことが多い
  • 「5,600円超え」もしくは「4,400円」で購入したい

自己紹介です。この記事を書いている筆者は、2021年現在投資歴7年目のアラサーです。


ちなみに初めて購入した金融商品は「ニッセイ日経インデックスファンド」です。


購入してから6日で売却しているので、かなりビクビクしながら取引をしていたのでしょう(笑)利益も数百円でした。


現在は、日本株・投資信託・アメリカ株を中心に取引をしています。


自分語りはこの辺にして、始めましょう。

本サイトは、投資一般に関する情報の提供を目的としたものです。本サイトで提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、Tidy Plusは一切責任を負いません。最終的な投資の意志決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。なお、予告なしに内容が変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。また、本サイトがリンクしているサイトの内容につきましては、Tidy Plusが一切の責任を負うものではありません。

西日本旅客鉄道(JR西日本)の事業内容

西日本旅客鉄道は大きく分けて、下記5つの事業を行っています。

(1)運輸業

-鉄道事業、旅客自動車運送事業、船舶事業

(2)流通業

-百貨店業、物販・飲食業

(3)不動産業

-不動産販売・賃貸、ショッピングセンター運営業

(4)建設業

-建設事業

(5)その他

-ホテル業、広告業、旅行業、貸自動車業など


実は(1)の運輸業では「JR西日本宮島フェリー」という船舶事業も運営しています。(2)の流通業では「ジェイアール西日本伊勢丹」が有名ですね。


上記(1)〜(5)の中で最も売り上げ比率が多いのはやっぱり「運輸業」です。


JR西日本の事業別成績を見ると「運輸業」が占める営業収益(売上高)は、2017年〜2021年まで、毎年全体の売上の50%〜60%をしめます。


まあ…当然のことですが、コロナにより乗客者減少・在宅自粛で「鉄道に乗らない」という事態になると、業績に大きな影響が出ます。

ちなみに運輸業がしめる「営業利益」の割合は、毎年全体の69%程度を占めます。


その為、JR西日本は多角的に事業を行っているとは言えメインの「運輸業」の調子が悪ければ、全体の業績にほぼダイレクトに影響を受けます

西日本旅客鉄道の株価と時代の流れをチェックする

西日本旅客鉄道の株価(3ヶ月)

2021年11月4日10時〜10時半ごろの株価は5,550円です。


2021年11月2日に発表された決算は「赤字」でしたが、赤字を縮小したことで株価は前日から100円以上値上げしています。


まず、今回発表された西日本旅客鉄道の決算内容をまとめます。

  • 4月〜9月の売上:4,368億円(前年:4,023億円)
  • 営業利益・経常利益・純利益→全て赤字だが、前年比から”縮小”

営業利益は「-144,721(百万円)」が「-86,100(百万円)」へ。

経常利益は「-154,292(百万円)」が「-87,468(百万円)」へ。

純利益は「-128,097(百万円)」が「-68,634(百万円)」へ。


赤字とは言え、前年と比べると半分程度赤字を縮小した形となりました。


では、今後株高の流れは続くでしょうか?


過去の決算内容と株価の動きをチェックし、今後株価がどうなっていくかを予想しましょう。


関連記事:キャノンの株価を分析!キーワードは「為替」「10月」「1,500日」

2004年〜2021年までの「10月〜11月」以降の株価の動き

上記は、2004年〜2021年までのチャートです。誤差はありますが「11月」の部分に線を引きました。「第二四半期の決算」を受けた後、市場がどのように反応したかが分かります。


チャートを見ると上昇が「8回」下落が「6回」横ばいが「2回」ですかね。


過去「5,500円」付近で「第二四半期」が発表された年が2回あります。下記の通り。

「2007年」と「2014年」の業績をチェックする

2007年(株価:下落)
  • 売上:632,251(百万円) →  前年比:2.3%増
  • 営業利益:79,272(百万円) → 前年比:3.5%増
  • 純利益:33,907(百万円) → 前年比:6.8%増
2014年(株価:上昇)
  • 売上:651,555(百万円) → 前年比:1.5%
  • 営業利益:82,175(百万円) → 前年比:9.8%
  • 純利益:54,423(百万円) → 前年比:47.6%


2007年と2014年「11月」以降の株価チャートを見ると、決算発表をしてから次の年の「11月」まで同じトレンドが続いていることがわかります。


過去2回と同じ動きになるのであれば、今後のトレンドを見極めつつ順張りをするのが良さそうです。


とはいっても、2007年・2014年はいずれも「黒字決算」です。
そもそも赤字ではありません。


その為、今回の決算後の動きは過去の決算では分からないのが本音。


なので、西日本旅客鉄道の「配当金」や「株主優待」「業績」や「ROE」「EPS」はもちろん、チャート分析などを分析する必要がありそうです。


下記から続けます。


【PR】投資×SNS投資でつながる。日本初のソーシャルトレーディング【アイデアブック】

西日本旅客鉄道の株主優待と配当金


上記の通りとなります。100株以上保有することで、鉄道優待割引50%オフとなります。

ちなみに2021年3月に株主優待を変更しています。内容を簡単に言えば「保有株数に応じて優待内容がレベルアップした」のを「100株以上保有していれば一律の枚数にする」に変更。


なので、大量にJR西日本の株式を保有している人からしたら「改悪」と判断しても良いでしょう。

西日本旅客鉄道(JR西日本・9021)、株主優待を変更!保有株数に応じて変わっていたJR西日本グループのホテルやレストランなどの割引券の贈呈枚数を一律に!
西日本旅客鉄道(JR西日本・9021)が、株主優待を一部変更することを、2021年3月10日に発表した。西日本旅客鉄道の株主優待は、毎年3月末時点の株主を対象に実施されており、内容は「100株以上の株主に、保有株数や継続保有期間に応じて、『鉄道優待割引券』『京都鉄道博物館優待割引券』『JR西日本グループ株主優待割引券』...


ただ「改悪」とは言っても、そこまで株価には影響はないと思います。


確かに発表した3月に西日本旅客鉄道の株価は下落しています。


が、同時期「JR東日本」も下落しているので、優待内容に失望したというわけではないかと。


なので、優待内容は株価とそこまで関係はないと思います。

西日本旅客鉄道の配当金

西日本旅客鉄道の配当金(2018年〜2021年)

2021年の配当金は、業績悪化と比例して「減配」です。

2021年9月16日に「減配」発表をしましたが、一時株価は下落したもののすぐに戻しています。

西日本旅客鉄道の業績(売上・営業利益・純利益)

西日本旅客鉄道の業績(売上・営業利益):2019年〜2022年予想

上記は、2019年〜2022年までの売上・営業利益。2021年から営業利益は赤字となっています。2022年もまだ「赤字」予想。


しかし、2023年の業績予想は「売上:1,400,000」「営業利益:100,000」と黒字予想です。次に純利益の推移を見ていきます。

西日本旅客鉄道の純利益(2019年〜2022年予想)

こちらも、2021年→2022年にかけては「赤字」ですが、縮小予想となっています。2023年の純利益予想は「51,000」と黒字予想。


当然のことですが、業績が良くなれば株価も比例して上昇します。ただ、比較材料がないとこの業績の良し悪しが分かりません。


なので同業他社である「JR東日本」「JR東海」「JR西日本」3社の2022年の業績予想を比較。

株価は2021年11月4日 14時40分くらいの瞬間値。う〜ん、こうやってみるとJR西日本の株価は妥当に見えてきます。


JR東日本の業績予想は黒字で株価が7,301円。一方JR西日本は赤字で「5,540円」です。現在、業績が赤字縮小した決算となり株価は上昇していますが…。


個人的にはまだ危険だと思います。一つは、業績を同業他社と比べると5,500円〜5,600円は妥当、もしくは「ちょっと高いのでは?」と思っていることと、下落トレンドだからです。


上記の通り、2021年6月ごろから形成された「下落トレンド」をいまだ突破していません。


また下落トレンドを突破しても、今の業績で「株価:6,000円」の価値があるかどうかです。ちなみに株価が5,000円台の「鉄道関連銘柄」だと京王電鉄が挙げられます。


上記は、2022年の京王電鉄の業績予想。左から「株価」「売上」「営業利益」「純利益」です。


まあ「JR西日本」は売上も多いので一概に言えませんが、私個人的にはJR西日本の株価はまだ危険だと考えています。


では、今後株価がいくらになった時が買い時なのでしょうか?次章から見ていきましょう。

チャート分析から見る買い時ポイント①:「4,400円」

全体的に株価を見ると「4,400円」あたりがポイントです。というのは、過去4,400円をポイントに株価が反発している為です。


上記の通り、2006年〜2009年までは4,400円付近で押し戻されています。その後、2014年には4,400円を超え、大きく上昇。


そして直近だと、2020年に一度4,400円まで株価が下落した後「反発」をしています。


なので、過去のチャートから見れば「4,400円まで株価が下落して、反発したら買い」が理想的に見えます。

チャート分析から見る買い時ポイント②:「5,600円超え」

次は、5,600円を超えたあたりです。


5,600円を明確に超えていけば「下落トレンド突破」「節目突破」になります。その為、短期的には上昇しそうに見えます。


とは言っても、業績が絶好調というわけではないので、短期投資が良いかもしれません。

西日本旅客鉄道のROEとEPS

2021年11月現在、西日本旅客鉄道のROEは「マイナス」です。純利益が赤字なので、表記できません。

西日本旅客鉄道のEPS

西日本旅客鉄道のEPS(2018年〜2021年)

一応、2018年〜2021年までのEPS推移を表にしましたが…。2021年がナイアガラの滝並みに下落しているので、参考になりません。


ROEとEPSはあまり参考にならないので、最後に書きました。

西日本旅客鉄道の株はいつが買い時か?

今後に関してですが「コロナの第6波が来るかどうか」が株価が動く材料になりそうです。


下記のニュースを見ると「12月」から再拡大するんじゃね?という予想が立てられています。

新型コロナ第6波 “12月から再拡大” AIが予測 警戒呼びかけ | NHKニュース
【NHK】新型コロナウイルスの今後の感染状況について、内閣官房の「COVID-19AI・シミュレーションプロジェクト」に参加する名…


今、コロナがかなり減っていますが今後「再拡大」が明確化すると、株価にも悪影響が出るでしょう。


おそらく株式市場でも第6波に対する警戒感は抜けていないと思います。なので、私であれば今年は「放置」すると思います。


第6波が来たら株価も下落する可能性が高いので、下落場面で購入。一方「第6波来ないんじゃね?」という安心感は、今年を乗り切ってからの話となるでしょう。


待つのも投資です。


危ない橋を渡って脂汗をかくより、安心な相場で安心しながら投資をしましょう😶


というわけで今回はこの辺で。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。


関連記事:Zホールディングスの株価の今後はどうなる?株価の歴史を紐解く…

コメント