【防災関連銘柄】ベルテクスコーポレーション(5290)株について今後を考察してみた。

ガラス・土石製品

ベルテクスコーポレーションという会社をご存知ですか?


台風関連銘柄としてよく登場するので、ご存知の方も多いかもしれません。


どうも、Tidy Plus investmentでございます。
今回はベルテクスコーポレーション【5290】の株価分析を行いました。



2019年に千葉県で電柱が倒れ被害が拡大をしてから、電線地中化関連銘柄としても知名度を徐々に上げてきました。


ちなみにベルテクスコーポレーションは電線地中化に欠かせないBOX技術を保有しています。


ただ、どうしてもベルテクスコーポレーション=季節銘柄って見てしまう方も多いかもしれません。


ですが、実はベルテクスコーポレーションのROEは10%を超えているってご存知ですか?


他の株価予想サイトを見てもベルテクスコーポレーションの株価予想をしている所は多くなかったので、ここはTidy Plusが株価予想を行おうと思いました。


ちなみにTidy Plus Investmentではこんな感じで個別銘柄の今後の株価を予想しています。
もしよろしければ他の記事もチェックして見てください!
>>Tidy Plusの株価予想

この記事のまとめ

・ROEは10%を超える

・1,800円or1,860円が節目

さて、それではもう少し詳しく見ていきましょう。


今回の考察人。

自己紹介

青柳です。

投資の知識が無い状態で投資の世界に入る。

ビギナーズラックで利益が出て、本格的に投資に没頭していく。

そして失敗し、50万円の損失。

誰かに言う訳にもいかず投資について猛勉強し完済。

<<注意点>>

本サイトは、投資一般に関する情報の提供を目的としたものです。本サイトで提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、Tidy Plusは一切責任を負いません。最終的な投資の意志決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。なお、予告なしに内容が変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。また、本サイトがリンクしているサイトの内容につきましては、当社が一切の責任を負うものではありません。

この記事ではベルテクスコーポレーション【5290】について紹介しています。


記事内では他の投資家が注目する指標を解説します。


また、配当利回りや業績そして株主配当についても紹介しています。


具体的に、あなたのこんな疑問に回答します。

ベルテクスコーポレーション【5290】の今後の株価予想は?

・株主配当はあるの?

・ROEやPERの指標は?

・EPSはどうなの?

・業績はどうなの?

ベルテクスコーポレーションの今後の株価を分析中です…

ベルテクスコーポレーションはどんな会社?

引用:ベルテクスコーポレーション公式ホームページ

建設業に従事している方、この会社を知っている方も多いのではないでしょうか?


実は、青柳は元々建設業にいた事もあったのでこちらの会社はよく知っています。


ベルテクスコーポレーションは「ゼニス羽田HD」と「ホクコン」この2社の共同株式移転によって設立された企業。


扱っている商品は幅広いですが、主にコン2次製品・マンホールの販売を行っています。

青柳
青柳

その他にもプレキャストとかヒューム管とか、世間一般からしたらマニアックな商品も販売しています。


▼ベルテクスコーポレーションの会社概要は下記の通りです(参考サイト:日本経済新聞

会社概要
会社名株式会社ベルテクスコーポレーション
本社住所東京都千代田区麹町5-7-2
代表者名土屋 明秀
設立年2018年10月1日
業種ガラス・土石製品
決算期3月

株式会社ベルテクスコーポレーションは、ゼニス羽田ホールディングス株式会社と株式会社ホクコンの共同株式移転によって設立された日本の持株会社。ゼニス羽田ホールディングスは東日本を基盤に、ホクコンは西日本を基盤に、コンクリート二次製品製造などを行う。

wikipedia

事業内容について


ベルテクスコーポレーションの主要事業は下記の通りです。

・コンクリート事業

・パイル事業

・防災事業


この他にもその他事業として不動産の賃貸等が含まれます。

株式会社ベルテクスコーポレーションでは売上・利益の70%はコンクリート事業

ベルテクスコーポレーションの株価

2020年12月15日午後19時半現在の株価チャート(3ヶ月)です。


株価は1,822円で、PERは6.4倍となっています。
※PERの情報元はKabutanです。


ちなみにPERの解説記事を出しているので、お時間があればチェックしてください!

ベルテクスコーポレーションの業種である「ガラス・土石製品」の平均PERは34.66倍(全体平均)なので業種内でも割安水準


ちなみにベルテクスコーポレーションの株を「Yahooファイナンス」で検索した時の関連銘柄を紹介します。

建設技術研究所2,116円/株
イトーヨーギョー884円/株
東海カーボン1,231円/株

関連銘柄を比較したい時に利用して下さい。


ちなみにせっかく株価予想をしているので、投資についてオンラインで学べる講座を紹介しておきます。ご興味がある方は、宜しければ下記リンクからチェックして下さいね。

今なら無料のオンライン講座!投資の達人講座

ベルテクスコーポレーションの株主優待

残念ながら、ベルテクスコーポレーションに株主優待はありませんでした。


ただ、配当金はあるので気を取り直してみていきましょう。

ベルテクスコーポレーションの配当金

ベルテクスコーポレーションの配当金

2019年には1株当たり70円の配当金が出ていましたが、そこから下落してしまっていますね…。


ちょっとここはマイナス評価。


ちなみに配当金で再投資をするなら「おつりで投資トラノコ」がオススメ。


クレカ・デビットカードで支払ったお釣りを勝手に投資してくれます。
また、自発的にトラノコへ投資をする事もできるので配当金が入ったら「おつりで投資トラノコ」へ投資をするを繰り返す事で資産のチリツモが出来ますよ。

ベルテクスコーポレーションの業績(売上高・営業利益)

ベルテクスコーポレーションの業績(売上高・営業利益)

売上・営業利益どちらも上昇していますね!良いですねー!ベルテクス!


2022年予想まで昇り階段状になっており、綺麗な業績です。

青柳
青柳

最近青柳は上記のような業績チャートを作っている時に「綺麗」「汚い」と独り言を言いながら書いています。とても気持ち悪いことはわかっています。

Point

営業利益とは、売上総利益から販売費・一般管理費用を差し引いた利益です

ベルテクスコーポレーションの純利益

ベルテクスコーポレーションの純利益

2020年以降純利益も微増ではありますが、上昇中ですね!


ちなみに純利益とは法人税などの税金を支払った後の「純粋」な成果の事です。

ROE

2020年12月現在、ROEは10.40%となっています。


ROEは10%以上が合格ラインとなるので合格です。


ROEとは、株に投資してどれだけ効率的に利益を得る事が出来るかを可視化したものです。

この指標は外国人投資家もよく見る所なので、注意しましょう。

青柳
青柳

一般的な指標ではROEが8%以上であれば合格とする場合もありますが、Tidy Plusの基準は厳しく10%以上としています。

ROEについての解説記事

ベルテクスコーポレーションのEPS

ベルテクスコーポレーションのEPS
青柳
青柳

EPSとは1株あたりの利益を可視化したもので、毎年伸びている会社は将来の見込みがあると言えます。

ベルテクスコーポレーションのチャート分析

2020年12月16日現在、株価はじわじわと下落中ですね。


落ちているナイフは掴まないタイプなので、青柳なら今は無視します。


今後上昇するならば、1,860円を超えてから、逆に下落するのであれば1,800円で反発すれば若干の上昇は期待できそう。


ちなみに前回の予想と結果。

2020年10月予想・結果

(2020年10月予想)
超短期で見れば、1,730円で反発する可能性有り、中長期で見れば1,600円で反発しそうですね。

(2020年12月結果)
1,670円で短期的に反発。その後11月に入り、予想通り1,600円で反発しました。
下記はチャートです。

ベルテクスコーポレーション【5290】の今後

防災関連としてよく挙げられる銘柄ですが、業績は(意外にも)良いです。


このまま下落するのであれば、1,800円までは監視。
超短期であれば、若干の上昇が期待できそう。


逆に今後株価が上昇するのであれば、1,860円を超えてからであれば投資検討していもいいかもしれません。


業績・PER・ROEの観点から大きな問題はないので、中長期的に投資をしたい方にはオススメしたい銘柄の一つと言えるでしょう。


注意書き
本サイトは、投資一般に関する情報の提供を目的としたものです。本サイトで提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、Tidy Plusは一切責任を負いません。最終的な投資の意志決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。なお、予告なしに内容が変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。また、本サイトがリンクしているサイトの内容につきましては、当社が一切の責任を負うものではありません。

コメント