学情(2301)の今後の株価を予想!(してみましたのでよろしければ見て下さい)

サービス業

こんにちは、Tidy Plus investmentです。


題名を強気につけると良いって言われましたが、無理なので()で心の声を入れておきました。


すいません、気を取り直します。


Tidy Plus Investmentでは個別銘柄の今後の株価を予想しています。
もしよろしければ他の記事もチェックして見てください!
>>Tidy Plusの株価予想


今回は学情(2301)の今後の株価を分析してみました。


なかなか渋い銘柄の株価予想ですが、お宝株が眠っている可能性もありますからね…。


まず、今回の記事内容をざっくりまとめると下記の通り。

この記事のまとめ

・「朝日学情ナビ」「就職博」を企画している企業

・1,470円を超えるまで放置

さて、それではもう少し詳しく見ていきましょう。


今回の考察人。

自己紹介

青柳です。

投資の知識が無い状態で投資の世界に入る。

ビギナーズラックで利益が出て、本格的に投資に没頭していく。

そして失敗し、50万円の損失。

誰かに言う訳にもいかず投資について猛勉強し完済。

<<注意点>>

本サイトは、投資一般に関する情報の提供を目的としたものです。本サイトで提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、Tidy Plusは一切責任を負いません。最終的な投資の意志決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。なお、予告なしに内容が変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。また、本サイトがリンクしているサイトの内容につきましては、当社が一切の責任を負うものではありません。

この記事では学情【2301】について紹介しています。

記事内では他の投資家が注目する指標を解説します。


また、配当利回りや業績そして株主配当についても紹介しています。


具体的に、あなたのこんな疑問に回答します。

学情【2301】の今後の株価予想は?

・株主配当はあるの?

・ROEやPERの指標は?

・EPSはどうなの?

・業績はどうなの?

学情(2301)の今後の株価を分析中です…

学情(2301)はどんな会社?

引用:学情公式ホームページ

広告関連のサービスを主に行っている企業だと紹介されています。


ですが、これだけだといまいち想像がつきませんよね。


具体的には学生や社会人に対して就職に関連する情報を提供している会社です。

また、大手企業の紹介というよりかはむしろ中小企業の紹介が強み

学情が運営するサイト


有名どころだと「朝日学情ナビ」「就職博」ですね。


Tidy Plusを見ている方も、一度は聞いたことがあると言う方も多いのではないでしょうか?


▼学情(2301)の会社概要は下記の通りです(参考サイト:日本経済新聞

会社概要
会社名株式会社学情
本社住所大阪市北区梅田2-5-10
代表者名中井 清和
設立年1977年11月7日
業種サービス業
決算期10月

上記の表を作成していて驚きましたが、学情は1977年に設立されているんですね。


意外に古い会社だったので驚きました。

学情の事業内容

学情の事業内容が「学情公式ホームページ」にまとめられていたので引用します。

学情の事業内容まとめ

・新卒採用事業

・中途採用事業

・人材紹介事業

・公的事業

・大学関連事業

・広告管理、制作事業

新卒採用事業では年間5,000社以上の企業サポートを行っています。


また、中途採用事業ではベンチャー企業と若手人材をつなぐサービスも展開。


その他には、就職事業で得た採用広報ノウハウを元にして、採用ツールの製作・広告制作も行っているようです。

青柳
青柳

就職関連の事業は一通り行っている印象ですね。

学情の株価

学情の3ヶ月株価チャート
引用:Trading View


2020年12月14日午後14:56現在の株価チャート(3ヶ月)です。


株価は1,429円で、PERは22.24倍となっております。
(PERの情報元は楽天証券


ちなみにPERについて解説した記事もあるので、よろしければチェックして下さいませ。

学情の業種である「サービス業」の平均PERは102.29倍です(全体)


2020年の2月から4月までの間に感染症の影響で株価が2,400円から一時は1,000円台まで下落!


その後、決算発表で業績の計画未達成も発表されてしまいました。

青柳
青柳

感染症の影響で就職博も中止・延期となってしまいました…

ちなみに学情の株を「Yahooファイナンス」で検索すると出現する関連銘柄を紹介します。

関連銘柄

・丹青社   : 875円/株

・ナ・デックス: 660円/株

・荻原工業  : 1,496円/株

※2020年12月14日現在の株価です。


関連銘柄を比較する際に使って下さいね。

学情の株主優待

学情の株を100株購入する事で、QUOカード500円分がもらえます。
権利確定月は10月となります。

優待取得までの流れ

1月下旬に株主優待は送付予定

※株主優待の情報元は楽天証券となります。

学情の配当金

学情の配当金推移チャート
情報元:株予報Pro
配当金
2018年34円/株
2019年37円/株
2020年30円/株
2021年(予想)33円/株

2020年の配当金は下落してしまいましたが、2021年予想では再び上昇!


1株当たり33円となっています。


ちなみに学情の配当利回りは2020年12月14日現在2.10%となっています

学情の業績(売上高・営業利益)

学情の売上と営業利益の推移チャート
年次売上高営業利益
2017年5,6201,401
2018年6,4481,457
2019年7,0281,937
2020年(予想)5,6001,000
2021年(予想)6,4001,500

学情の売上は2019年を目処に下落中。


営業利益も合わせて下落している最中ですね。


ただ、2021年予想では売上・営業利益も上昇する予想となっております。

学情の純利益

学情の純利益の推移チャート
年次純利益
20171,220
20181,123
20191,402
2020(予想)800
2021(予想)1,200

2020年の純利益はかなり絶望的ですね…。


ただし、2021年の利益予想では1,200まで回復する予想を提示していますので一概に切り捨てることはありません。


※学情の売上高・営業利益・純利益は全て楽天証券が情報元となります。

青柳
青柳

純利益とは、法人税などを支払った後の「純粋」な成果の事です。

ROE

2020年12月現在、ROEは8.50%となっています。


一般的にはROEは8%以上あれば合格とされることも多いですが、Tidy Plusの合格ラインはROE10%以上。


なので、不合格ですね。

青柳
青柳

ROEを簡単に言えば、その株に投資してどれだけ効率的に利益を得る事が出来るかを可視化したものです。


ちなみにROEについての解説記事も書いたので、良かったらチェックして見て下さい!

EPS

情報元:msn


2019年までは堅調でしたが2020年で下落。


ただ、業績が予想通り立ちいけば2021年のEPSは回復するはず。

青柳
青柳

EPSとは1株あたりの利益を可視化したもので、毎年伸びている会社は将来の見込みがあると言えます。

学情チャート分析

学情の株価は1,470円で下落。


私が学情の株に投資をするのであれば、1,470円を明確に超えるまでは放置ですね。


逆に、このまま下落するのであれば1,300円までは落ちそうと言うのが見立て。


ちなみに前回2020年10月6日に学情のチャート分析をした内容は下記の通り。

2020年10月6日 予想
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2020-10-06-15.48.39-300x176.jpg

ボリンジャーバンドだとこんな感じです。こちらのピンクの線で反発をしている事が多いので、今後上昇する可能性はあるかもしれません。ちなみに学情のホームページを見ると、どうやら2020年9月1日から9月30日まで自社株買い付けを行っていたようですね。

<<結果>>

2020年10月6日時点で株価は1,180円。
2020年12月14日現在株価は1,430円となっております。

学情(2301)の今後


2020年10月6日に予想した、学情の株価の今後は下記の通りです。

2020年10月6日 予想

PER・ROEは合格圏内です。ただし、こちらの株式はコロナが今後更に影響を強めたりした場合学生が集まるようなイベントは開催できませんね。その証拠に今年の売上・利益などはボロボロです。ですが、Tidy Plusの判断は「買い」です。学情もこのまま放置する訳はないでしょうし、何らかしからの改善策は打ち出す予想を立てます。いまだ学生側の売り手市場は小康ながら続くと判断します。また、学情が出しているレポートに「学生の動向および学生を取り巻く就職環境について」という記事がありました。内容は2022年卒業の学生が今何を思うかですが「自分たちの就職活動がどうなるのか」など早い内から積極的に情報を集める就活生が多いとの事です。また、このような声を集めているので何らかしらの対策は出すであろうと予想。


<<結果>>
2020年10月06日 :(株価)1,180円
2020年12月14日 :(株価)1,430円

>>250円の上昇です。

2020年12月14日 予想

短期保有であれば、1,470円を越えれば短期的な上昇が見込めそうです。長期保有の場合は感染症の影響を睨んでおく必要があります。ただ、業績と株価がかけ離れている気がします。なので長期的に保有を検討しているのであれば、今は割高になる可能性があるので控えた方が賢明かもしれません。



今回は以上です。


注意書き
本サイトは、投資一般に関する情報の提供を目的としたものです。本サイトで提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、Tidy Plusは一切責任を負いません。最終的な投資の意志決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。なお、予告なしに内容が変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。また、本サイトがリンクしているサイトの内容につきましては、当社が一切の責任を負うものではありません。

コメント